用語集- 輸入・行政手続き

化粧品の個人輸入

化粧品の個人輸入とは、自分自身が製品を使うことを目的に海外のメーカー、小売店、通販会社・ネットショップなどから購入・入手することです。
また購入のための海外とのやりとりを請け負う業者もあり、そこに委託することを「個人輸入の代行」と呼ぶこともあります。

いずれの場合も薬機法(旧薬事法)が定める数量の範囲内でしか入手できません。
これを超える数量の場合、ならびに数量に関係なく自分以外に製品が渡る場合(=販売やサンプル配布)は化粧品製造販売業許可の取得が必要になります。

【関連用語】化粧品輸入代行