<BSL>マーク
品質管理のしるし

用語集- 品質管理

全成分表示

「全成分表示」とは、原則、化粧品に配合されるすべての成分を表示することです。

※医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第六十一条第四項、平成12年厚生労働省告示第332号によって定められています。

「原則」とあるのは、
・配合されている成分に付随する成分(不純物を含む。)で製品中にはその効果が発揮されるより少ない量しか含まれないもの(いわゆるキャリーオーバー成分)
等の一部例外があるためです。

従来は、「表示指定成分」という形で、一部の成分についての表示のみを義務づける形でしたが、平成13年の規制緩和以降、原則として化粧品に配合されたすべての成分を表示しなければならない「全成分表示」制度に改正されました。