<BSL>マーク
品質管理のしるし

用語集- 成分分析

タール色素

タール色素とは、主に石油から得られる芳香族炭化水素を主原料として合成される色素(着色料)のことです。
以前は石炭由来の「コールタール」を原料としたためコールタール染料とも呼ばれていました。近年では石油が主原料なので、タール色素はふさわしくない名前となっています。

化粧品への配合については防腐剤紫外線吸収剤と同様のポジティブリスト形式で、使用可能な成分が決められています。
配合確認は製造側が発行する成分表/Formulaと化粧品基準の照合、ならびに成分分析(試験検査)で行います。