化粧品成分分析2017年 04月28日

1,4-ジオキサンの分析/試験検査(化粧品)

<1,4-ジオキサンの分析/試験検査(化粧品)>

ブルームでは1,4-ジオキサンの分析・試験検査を承ります。

世界保健機関WHOの専門機関 国際がん研究機関IARC は1,4-ジオキサンを 「2B:発がん性があるかもしれない」 に分類しています。
1,4-ジオキサンは水質などの分野で基準/規制があります。化粧品においても国際的に検討が重ねられており、本年2月には 化粧品規制協力会議ICCRで1,4-ジオキサンに関する 合意(原文) がなされました。
◆1,4-ジオキサンに関する合意
 ・第一段階
  化粧品中の1,4-ジオキサンの量を25ppm以下とする。
 ・第二段階
  化粧品中の1,4-ジオキサンの量を適当な移行期間を経て10ppm以下とする。

工業用途では主に溶剤として使われる一方、用途外で界面活性剤の副生成物としてシャンプーなどに残留するとの報告があります。
・環境省 「1,4-ジオキサンに関する情報」
・厚生労働科学研究 「化粧品中の微量不純物の分析法と実態調査に関する研究」
 ※シャンプー67製品のうち1,4-ジオキサン濃度が10ppmを超える製品が3製品。

化粧品や化粧品原料を取扱いの皆さまは1,4-ジオキサンの分析・試験検査を行ってはいかがでしょうか。
◆分析/試験検査<1,4-ジオキサン>
 ・通常納期 約2週間
 ・試料量 20g以上
  ※試料数によって分析納期が変わる場合もあります。
 ・分析価格/料金 要相談

◆ご参考
ブルームの試験検査サービス

■お問い合わせ先■
TEL 0955-70-4701
メール cosme@bloom-jp.com