分析依頼書ダウンロード初めての化粧品用語集 よくある質問Q&A BSLマークとは?
化粧品の品質管理のしるし
BLOOM BLOG
化粧品業界情報を中心に情報発信
BSL
試験検査機関BSL

トリクロサン、トリクロカルバン、フェノールの成分分析(石鹸など)
<トリクロサン、トリクロカルバン、フェノールの成分分析(石鹸など)>

米国食品医薬品局/FDAがトリクロサン、トリクロカルバン、フェノールなどを含有する抗菌せっけんのアメリカでの販売停止を発表したことを受け、
平成28年9月30日、厚生労働省は日本化粧品工業連合会と日本石鹸洗剤工業会に薬用石けんに関する要請を行いました。

内容は、トリクロサン/トリクロカルバン/フェノールなどの19成分を含有した薬用石けんに関し、これら抗菌を含有しないせっけん製品への切替えに取り組むようにというものです。

<厚生労働省>
 ・トリクロサン等を含む薬用石けんの切替えを促します
 ・薬用石けんに関する取扱い等について
<FDA>
 ・FDA issues final rule on safety and effectiveness of antibacterial soaps

医薬部外品(薬用)や化粧品を取扱いの皆さまにおかれましては、この機会に石鹸などの分析・試験検査を行い成分の配合/含有確認をなさってはいかがでしょうか。
当社では19成分のうちトリクロサン、トリクロカルバン、フェノールの分析・試験検査を以下のとおり承ります。


◆トリクロサン/トリクロロヒドロキシジフェニルエーテル(Triclosan)
化粧品基準の配合上限:0.10g/100g中
分析料金:16,000円/税別

◆トリクロカルバン/トリクロロカルバニリド(Triclocarban)
化粧品基準の配合上限:0.30g/100g中(洗い流す化粧品を除く)
分析料金:24,000円/税別

◆フェノール(Phenol)
化粧品基準の配合上限:0.10g/100g中
分析料金:24,000円/税別


◇試料量、納期など(トリクロサン、トリクロカルバン、フェノール共通)
試料量:10g以上
分析納期:約2週間
 ※試料数によっては納期が変わる場合もあります。
 ※至急対応の場合は別途価格にて約4営業日です。

◇トリクロサン、トリクロカルバン、フェノール3種のセット分析も承ります。
価格はお問合せください。

◇その他の成分分析/試験検査の価格・費用についてもお気軽にご相談ください。
主要分析項目(抜粋)
~「化粧品基準」規制対象成分を中心に幅広い分析メニューを揃えています。


【お問い合わせ先】
 TEL:0955-70-4701
 メール:cosme@bloom-jp.com




|| 15:28 | comments (x) | trackback (x) | ||
ヘナ成分分析 ~ジアミン、ピクラミン酸、酸化染料、色素
<ヘナ成分分析 ~ジアミン、ピクラミン酸、酸化染料、色素>

先日、成分表示にない酸化染料とタール色素(パラフェニレンジアミン、橙色205、黒色401)がヘナから検出されたとする「自主回収」が発生しました(*)

ヘナに対するパラフェニレンジアミン(p-フェニレンジアミン)等のジアミン系、ピクラミン酸、酸化染料、色素の成分混入の指摘は従前からあり、
平成19年9月には国民生活センターから「酸化染料を含むヘナ白髪染め」が、また平成18年9月には「ヘナ配合の白髪染めをうたった商品」の注意喚起が行われています。

ヘナを取扱いの皆さまにおかれましては、この機会に酸化染料、タール色素等の成分分析・試験検査を行い自社商品に混入していないことを確認されてはいかがでしょうか。
当社では下記の成分分析・試験検査を承っております。


◆酸化染料セット12成分(定性) 分析価格35,000円/税別 
パラフェニレンジアミン
ピクラミン酸
レゾルシン
5-アミノオルトクレゾール
塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノール
オルトアミノフェノール
ニトロパラフェニレンジアミン
パラアミノフェノール
パラニトロオルトフェニレンジアミン
メタアミノフェノール
硫酸トルエン2,5ジアミン
硫酸パラニトロメタフェニレンジアミン

◆タール色素セット68種(定性) 分析価格30,000円/税別
今回の自主回収で発表があった橙色205、黒色401を含む分析セットメニューです。

◇試料量:酸化染料、タール色素 各1製品につき10g以上
◇分析納期:約2週間(至急ご要望の場合は約4営業日から、価格は五割増しとなります)
 ※試料数によっては納期が変わる場合もあります。

◇その他の成分分析/試験検査についてもお気軽にご相談ください。
主要分析項目(抜粋)
~「化粧品基準」規制対象成分を中心に幅広い分析メニューを揃えています。


(*)独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 <回収情報> による。


【お問い合わせ先】
 TEL:0955-70-4701
 メール:cosme@bloom-jp.com




|| 10:09 | comments (x) | trackback (x) | ||
青年会議所/名球会 スモーキーマウンテン野球プロジェクトに参加しました
9/24、
フィリピン・マニラで東京青年会議所と名球会の共催でスモーキーマウンテン少年野球育成プロジェクト/SMBPが行われ、野球教室の運営に参加して参りました。

スモーキーマウンテン少年野球育成プロジェクト/SMBPはマニラの厳しい環境下に暮らす少年少女が安全に野球を楽しめるように指導・支援する事業です。2012年に青年会議所様~東京JCJCI Manila~ならびに日本プロ野球名球会様を中心に立ち上げられ、今年で6回目の開催となります。
このSMBPには化粧品業界の親睦団体「粧風会」も賛同。弊社は同会のメンバーとして運営のお手伝いをさせていただきました。

名球会様側からは近鉄-太平洋/クラウン-西武で465本塁打の土井正博様と、大洋/横浜で先発-抑えで100勝100S右腕の齊藤明雄様がお越しになり、さっそく寄贈をいただいた帽子の配付をお願いしました。
(中央:土井様、右:齊藤様)


全員で着るTシャツも合わせて配ります。




野球教室に先がけ各地からご寄付をいただいた野球用具の贈呈が行われました。寄付にあたっては弊社本社が所在する唐津市・唐津地区少年軟式野球連盟様など皆さまから多くのご協力をいただきました。


用具贈呈のあと、いよいよ野球教室です。








スモーキーマウンテンの少年野球チームはフィリピンでも優秀な成績をおさめているとのこと。
また、野球で頭角を現して奨学金を受け大学に進むという流れが出来つつあることも現地でお聞きしました。




粧風会は厳しい環境にある子供達が野球を通じ自ら行動を起こしていくことを願いスモーキーマウンテン少年野球プロジェクトに参加しています。
弊社でもこの思いを共有し、微力ですが子供達を応援して参ります。


◆スモーキーマウンテン少年野球育成プロジェクト フェイスブックページ
SMBP 2016 Album 粧風会


【お問い合わせ先】
 TEL:0955-70-4701
 メール:cosme@bloom-jp.com





|| 14:29 | comments (x) | trackback (x) | ||
「SAGAものスゴフェスタ2016」ワークショップを開催
8/27、
佐賀県主催の「SAGAものスゴフェスタ2016」にて、せっけんづくりのワークショップを開きました。

SAGAものスゴフェスタ2016は、科学やものづくりなど作り手の技術に触れ、親しみ楽しむ体験型イベントです。
さまざまなステージイベントや工作体験、ブース出展等を通じてものづくりの理解を深めることを目的に佐賀県総合体育館で開催されました。


弊社では親子30組のみなさまをお迎えし「固形せっけん」をつくるワークショップでお楽しみいただきました。
液体せっけんを色素で着色し、脂肪酸塩を取り出して固めます。









弊社では化粧品を通じて科学を身近に感じていただけるよう今後も地域のイベントに積極的に参加して参ります。

【参考】
よしもと芸人様による会場レポート
 ・SAGAものスゴフェスタ2016
 ・SAGAものスゴフェスタ2016 2日目♪
佐賀新聞記事
 ・世界的なロボット研究者石黒氏、佐賀で講演


【お問い合わせ先】
 TEL:0955-70-4701
 メール:cosme@bloom-jp.com



|| 17:00 | comments (x) | trackback (x) | ||
イタリア・チマール社ご来社
7/15(金)、
イタリア Chimar Srl(チマール)のマルコ・ピアチェンティーニCEOらが当地唐津にお越しになり、弊社を含む JCCジャパン・コスメティックセンター 会員企業3社を視察されました。


チマール社はコスメティックビジネスにおけるマーケティング/コンサルティング会社です。
イタリアの化粧品産業クラスター団体 ポロ・テクノロジコ・デラ・コスメシ/PTC の会員で、ピアチェンティーニCEOはPTCの副会長も務めていらっしゃいます。


JCCとPTCでは、日本の質の高いスキンケア商品をイタリアへ輸出する一方、日本未上陸のイタリアのメーキャップ商品を輸入するプロジェクトを共同で進めているところです。
このプロジェクトにおいてチマール社がPDC側の担当企業になっています。

輸出/輸入にあっては製品は仕向先の薬事基準に沿う必要があります。
準拠すべき項目や内容は各国で異なりますが、主には2点~製品の届出・登録に関することと品質の確認・確保(成分規制のクリアなど)~がポイントとなります。
弊社では本プロジェクトに積極的に関与し日伊両国の化粧品産業の発展に寄与したいと考えています。

坂井俊之唐津市長との懇談の模様

【関連記事】
佐賀新聞: 伊企業、唐津市長と化粧品輸出入で連携確認
JCC: イタリアより Chimar Srl 社が来唐されました

【お問い合わせ先】
 TEL:0955-70-4701
 メール:cosme@bloom-jp.com




|| 15:47 | comments (x) | trackback (x) | ||
分析機器 LC-MS/MSを新規導入しました
弊社では、このたび新たに「液体クロマトグラフ-タンデム型質量分析計」LC-MS/MSを導入いたしました。

LC-MS/MSは高速液体クロマトグラフ(HPLC)と質量分析計(MS)を連結させた、複合型の分析機器です。
気化しづらい物質や熱で分解してしまう物質も測定できるという特徴をもち、さらに質量分析を二段のMSで行うことで目的の物質のみを選択的に検出・定量することができます。


LC-MS/MSの導入で、新しい分析メニューの開発はもとより既存メニューに対してもさまざまな効率化(精度向上、納期短縮)を図ることが可能になります。
また「レギュレーション分析」をはじめとする各種セットメニューの分析対象化合物を増やしたり、化粧品以外の新規分野(食品など)でも活用していくことを計画中です。
お客様にメリットがあるサービスの提供に向け、どうぞご期待ください。


※株式会社ブルーム 分析サービス
主要分析項目(抜粋)
~「化粧品基準」規制対象成分を中心に幅広い分析メニューを揃えています。


【お問い合わせ先】
 TEL:0955-70-4701
 メール:cosme@bloom-jp.com



|| 19:00 | comments (x) | trackback (x) | ||
在日フランス大使館のセミナーで講師をつとめました
6/29、
在日フランス大使館 貿易投資庁 "ビジネスフランス" のセミナーで講師をつとめました。

このセミナーは翌6/30〜7/1に開催された日本企業とフランス化粧品メーカーの合同商談会に先立ち、フランス側に日本市場の現況を説明するものとして開催されました。

弊社は日本の薬事環境について担当させていただき、「化粧品の輸入規制と輸入化粧品販売までの流れについて」の説明を行いました。


当日は下記の8社が参加されました。
本セミナーが日本進出の一助となることを願っています。

ラ・メゾン・ドリヤン 
 アレッポ石鹸とナチュラル化粧品
バイバイラシーヌ 
 ヘアカラースプレイ
ラボラトワールダンジュウ 
 コスメスートリカル製品 "セベリア"
レ トロワ シェーン 
 新世代のサプリメントと化粧品
レッソニア 
 化粧品とスパ向け製品のOEM
テオドール・ピエール・ラボラトワール 
 ドクターコスメ "リスデア"
ナダムナチュール 
 オーガニックとビーガン認証を受けた化粧品
コヴサンス 
 2014年誕生の新ブランド "ヴェルコヴァ"



【お問い合わせ先】
 TEL:0955-70-4701
 メール:cosme@bloom-jp.com



|| 11:43 | comments (x) | trackback (x) | ||
2016年度JCC総会が開催されました
6/24(木)、JCCジャパン・コスメティックセンターの定時社員総会が佐賀県唐津市で開催され、2015年度事業報告/決算と2016年度事業計画/収支予算の承認が行われました。
理事選任にあたっては弊社代表取締役・山崎が再任を仰せつかり、全13名の理事で運営にあたるとともに、あわせて副会長の職も拝命することとなりました。


総会のあとには「講演会&プレゼン大会」が開催され、関係ゲストによる講演と国/県/市の支援施策について紹介がありました。
続く会員企業による「実績紹介/事業紹介プレゼン」においては弊社でも取り組み事例をPRさせて頂きました。




その後、夕刻の交流会では坂井俊之唐津市長のご列席もいただき、会員間の親睦が図られるとともに情報交換が活発に行われました。


昨年度のJCCは海外クラスター組織との提携事業(国際取引の拡大)などで一定の成果を上げました。
これを引き継ぎ、2016年度は欧州を中心とする海外コスメ関連企業の対唐津投資の誘致活動を本格実施していく運びです。
弊社でも直接的間接的にJCC活動に関連する事案をすでに複数動かしています。
化粧品の輸入/輸出と品質管理事業を具体的な地域振興・地方創生の一策と位置づけ、業務に精励して参ります。


【お問い合わせ先】
 TEL:0955-70-4701
 メール:cosme@bloom-jp.com



|| 13:59 | comments (x) | trackback (x) | ||
「トビタテ!留学JAPAN」インターンプログラムに参加します
文部科学省による留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」において、
佐賀県の「世界とともに発展するSAGANグローバル人材育成事業」が平成28年度地域人材コース事業のひとつに採択されました。


【さが地方創生人材育成・活用推進協議会】世界とともに発展するSAGA人材育成事業

本事業には海外留学前後の学生を対象にした「地域企業インターンシップ」プログラムが設けられています。
これに「唐津コスメティック構想」の関わりがあることから、弊社もプログラムに参加させていただく運びとなりました。
【企業インターンシップ概要】株式会社ブルーム
【首相官邸 まち・ひと・しごと創生本部】地域しごと創生会議(第4回)資料


海外留学事前インターンシップの開始予定は7月中旬です。
化粧品の薬事輸入に携わる企業として、地域のグローバル人材の輩出に寄与するインターンシップとなるよう注力してまいります。


【お問い合わせ先】
 TEL:0955-70-4701
 メール:cosme@bloom-jp.com



|| 13:49 | comments (x) | trackback (x) | ||
JCC唐津コスメ構想で佐賀県企業初の化粧品輸入がうまれました
総合理美容商社「株式会社安永様」がこのたび新たなフランス化粧品ブランドの導入をお決めになり、
4/6(水)に同社所在地の佐賀県小城市「ゆめぷらっと小城」小城市まちなか市民交流プラザにてプレス発表会が行われました。

同社は佐賀県や唐津市が進める化粧品産業拠点づくり「唐津コスメティック構想」の中核組織であるJCCジャパン・コスメティックセンターの会員企業です。
JCC理事会員の弊社は化粧品の品質管理面で同社のサポートを行っています。

【参考】 内閣「まち・ひと・しごと創生本部」
 ・第4回地域しごと創生会議
 ・資料<唐津コスメティック構想>

【関連記事】
3/2 佐賀新聞
 ・小城の理美容商社「安永」が仏大手と独占販売契約
3/8 JCCジャパン・コスメティックセンター
 ・(株)安永様がフランスから新たなブランドを技術と共に日本へ初導入されます


株式会社安永、安永正社長


JCCの紹介

JCCプロジェクトマネージャー 泉哲哉様


小城市、江里口市長

今回のブランド導入にあたっては2つのポイントがあります。
▼「唐津コスメティック構想」で、県内会員企業が化粧関連製品を輸入する初のケース。
▼商品販売だけではなく、製品とケア技術がフランス政府からセットで認定されている唯一のブランドの日本初導入。
 ・フランス SKINHAPTICS, la science du toucher.


SKINHAPTICS社長、サンドリーネ・ダーハン様


サンドリーネ・ダーハン様ご経歴


ケア資格者の皆さま


美容体験会

弊社は引き続き同社のご支援を重ねるとともにJCC/唐津コスメティック構想による事業の創出をさらに推進してまいります。


【お問い合わせ先】
 TEL:0955-70-4701
 メール:cosme@bloom-jp.com



|| 13:56 | comments (x) | trackback (x) | ||